育毛シャンプーを選ぶ時のコツとは

頭皮が荒れている時にはシャンプーを見直すのが一番です。最近では頭皮ケアへの意識が高まりつつありますので、育毛シャンプーも色々な商品が出ていますが、商品ごとに主成分や洗浄力、非笛の刺激の強さが異なりますので、自分に合ったタイプを見つけることが大切です。直接皮膚に付着するものですので合わないものを選ぶと皮膚トラブルのリスクが高くなりますし、育毛ケアも途中で中断しなければなりません。皮膚トラブルが起こっている時には育毛剤なども使用することができませんので、その他のケアの妨げにならないように負担の少ないタイプを選ぶことが重要です。主な目的は皮膚を健やかな状態に戻すこと、本来持っている力を蘇らせることですので、その点を考慮しながら商品を選びます。

まずは主成分をチェックしてみる

育毛シャンプー選びでは、まずは主成分をチェックしてみて自分に合うかを考えます。一度でも試したことがあるという場合には選びやすいのですが、初めて購入する場合には大まかなタイプを知ることから始めます。頭皮にもっとも優しいといわれているのは、人の皮膚に近いアミノ酸系のシャンプーです。洗った時の刺激が少ないので、頭皮に負担をかけずに汚れや皮脂だけを取り除けます。他にも植物由来のシャンプーは刺激が少なめで安全性が高いといわれています。そこに合成界面活性剤や香料などの刺激物が含まれていなければ、長く使用しても皮膚の健康を損ねません。どちらも薄毛や抜け毛の悩みを抱えている時に有効なタイプですが、どちらが合うかには個人差がありますので実際に試してみるしかありません。

頭皮の潤いや髪の毛の状態をチェック

育毛シャンプーを使い始めたら誰でも頭皮に皮膚剥けや赤みが現れていないかを確認しますが、調べなければならない変化は他にもあります。例えば、頭皮にきちんと潤いが残っているかをチェックすることはとても重要です。頭皮に必要な皮脂が残せていれば潤いを失うことはありませんので、頭皮本来の力を取り戻しやすくなります。潤いが足りなくなっている場合には洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで奪ってしまっている状態ですので、頭皮トラブルの原因になります。他にも、髪の毛がきしまず指通りが滑らかであることも大切です。これはシャンプーだけでなくリンスやコンディショナーを使うことでも解決できますが、シャンプーしか使っていないのであれば、ブラッシングしたり髪を洗う時に絡めて引っ張らないように指通りを確認することが大切です。