効果のある育毛シャンプーの選び方

髪の悩みは人それぞれ、多過ぎてうっとうしい人も薄毛に悩む人もいます。くせ毛もそんな髪の悩みのひとつですが先天的な人と、後天的にくせ毛な人の二つに分かれます。外国人みたくて格好良いね、等と無神経な言葉に傷つくことも。対策にストレートパーマや中には縮毛強制まで受けている人もいるくらいなので案外、くせ毛に悩む人は多いのかもしれません。先天的にくせ毛になると考える人も多いかと思いますが、年を重ねて加齢によりくせ毛になったり、毛を剃ったりの外的刺激が原因でくせ毛になったりと後天的にくせ毛になる人もいます。うす毛の前段階としてくせ毛になる場合もあるといいます。後天的に発生してくれば原因を特定して除去すれば治りそうですが、結果としてくせ毛になるだけで原因を特定して対策を取るというのは困難です。

くせ毛はうす毛の前触れ?そのメカニズムを知る

くせ毛をパーマネントなどでみためを修整することが出来ても、根本から直せないのであれば、くせ毛になった事態を機会ととらえて、ヘアケアを考えるきっかけにしてはどうでしょうか。もちろんくせ毛になれば必ずうす毛になるというわけではありません。しかし今までは毛が太くスタイルもかっちり決まっていたのに、最近はうねりを見せてきてヘアスタイルが崩れてしまう、などを経験しているうす毛の方がしばしばいます。わたしたちの髪は、健康な状態であればキューティクルと言う栄養分が均等に分布していますが、この分布が崩れて髪の組織の結合がいびつになるとくせ毛になるといわれています。それでは髪の組織の結合がなぜゆがむのかと言えば、髪への栄養分の不足と頭皮環境の悪化によるとされています。これはうす毛の原因とも重複する部分と言えます。

くせ毛には育毛シャンプーでケアをこころがける

育毛シャンプーはうす毛になりやすい頭皮環境を清潔にし、髪の毛にも刺激の少ないという特徴を持っています。ここで疑問を持つかもしれません、普通にシャンプーを使っていれば頭皮は清潔になるのでは?実はここに落とし穴があります。市販の通常のシャンプーでは界面活性剤が配合されていることが多いのですが、それは頭皮に皮脂が付きやすいためだと考えられます。界面活性剤は台所洗剤にも含まれています。頭皮のアブラ分を洗い流すために界面活性剤のような強力な洗浄成分が含まれているわけです。反面育毛に必要な皮脂や栄養分をも取り除くので頭皮環境が悪化することになります。つまり通常のシャンプーの使用そのものがうす毛を誘引させかねないわけです。そこで育毛シャンプーの登場となるわけですが、その利点は何と言っても刺激性がないことです。刺激がなくなるので頭皮の栄養状態や血行が改善されるので、特段の育毛剤を使用せずとも発毛につながることもありえるのです。くせ毛は髪の毛からの黄色信号です。シャンプーを見直すことからヘアケア対策を始めてはどうでしょうか。